トップ > 内定者フォローサービス > 大和ライフネクスト株式会社様 導入事例

大和ライフネクスト株式会社様 導入事例

パソコン上での研修は、内定者が見ない
以前導入されていた内定者SNSは、パソコンからのみ受講可能なeラーニングでした。内定者の参加率も悪く、問題アップロードの使い勝手が悪かったこともあり、思うような効果があげられませんでした。
SNS内が盛り上がらず、活性化しなかった
内定者SNSは最初の2ヶ月は盛り上がりましたが、その後の書き込みは全くなく、内定者同士の交流は活性化しませんでした。代わりに、気軽に携帯電話で投稿できることや、学生のみだけで話ができることから、内定者が自主的に作った携帯メーリングリストが、非常に活性化していました。
オリジナル問題が配信可能
ナレップはオリジナル問題が配信できますので、大和ライフネクスト様であらかじめカリキュラムとして考えていた問題や解説をそのままお使いいただくことが可能でした。
使い勝手が良く、多機能
管理画面は、常に右側に携帯プレビュー画面があるので内定者からの画面表示も常にチェックでき、使いやすさを実感していただきました。また、ランキングやポイント、掲示板機能など、内定者のモチベーションを向上させる機能も充実。内定者が主体的に問題を解くようになる施策が可能でした。
毎週金曜日に携帯電話へ小テストの配信
毎週の問題配信を絡めた内定者フォローのスケジュールを構築し、定期的かつ継続的な学習を実現。
携帯電話に問題が配信されるので、内定者の参加率も高くなり、確実に学習が行なえるようになりました。
当初「携帯電話の小さい画面では表示される文章量は限られるのでは?」と懸念をされていましたが、携帯電話でも違和感なく見ることができました。
ランキング機能を使って、内定者を競争
内定者の解答ランキングを発表し、競争意識を持たせることで、学習意欲の向上も実現しました。
チーム戦による競争
内定者を複数のチームに分けて競争させることにより、内定者同士の連帯感や、自主的に学習に取り組む場をつくっています。学習へのモチベーションアップや、内定辞退の低減にも期待が持てます。
解答履歴、成績をリアルタイムで確認
1.成績があがらない内定者には個別にフォローを行なうことができます。
2.体的に解答率が低い問題は、再度学習を行なうことで弱点補強も行なえます。
学習効果が高まった
昨年より内定者の学習理解度が深まっていることが目に見えてわかります。
管理業務主任者の合格ラインは6割強~7割のラインの中、全体の正答率は84.2%と非常に高い結果が出ています。
内定者の交流が生まれている
ランキング下位の内定者が、上位の内定者に学習方法を質問するなど、内定者同士の自発的な交流が生まれています。

<<内定者フォローサービス トップへ戻る

↑ページトップへ